基本理念

私たちは、いつも隣に座り続けます。

私たちは利用者一人ひとり個人を知り、理解につとめます。

   

私たちは決して嘘をつきません。

私たちはゆっくりと穏やかな市民生活を支えます。   

すべては「その人らしさを持ち続け、

尊厳ある生活を送っていただくために・・・。」

人は誰もがそれぞれに人格があり、個性があります。

人生の道のりがあります。

様々な問題や病気をかかえながらも、その人らしさを持ち続け、

尊厳のある生活を送っていただくためには、私たちが老いや病気、

介護等の正しい知識を積み重ね、利用者一人ひとり、

個人を理解することが大切です。

もしも、認知症により自分の思いや考えを伝えることが難しくなっても、

その方に代わってその思いや考えを受け止め、

その人らしさを表現し続けられるよう、

私たちは利用者一人ひとりの「心の動き」に注目し

「心の声」に耳を傾けます。

この町で、この家で

「その人らしさを表現できる居場所」

を共に考え実現していくことが私達の目標です。